インタビュー

  • HOME
  • インタビュー

気軽に通える歯科医院を目指し、痛みや再発リスクが少ない治療の提供を心がけています

歯科医院に対して、「痛い」や「怖い」など、ネガティブな印象をお持ちの方は多いと思います。そのような印象を持っているがために、歯に痛みを感じても放置してしまっている方も少なくないのではないでしょうか?虫歯は自然に改善されるということがありません。放置する期間が長ければ長いほど症状が進行し、歯を失うリスクが高まってしまいます。

当院では、皆さまに少しでもリラックスして治療に臨んでいただくために、できる限り痛みの少ない治療をご提供できるよう心がけています。また、いつまでもご自身の歯で食事を楽しんでいただけるよう、再発のリスクを抑えた治療の提供にも努めています。

初診の患者さまを診る時に気を付けていることは何ですか?

どのようなお悩みを抱えて来院されたのかをきちんと把握することです。患者さまが抱えているお悩みは人それぞれ異なります。さらに、どうなりたいと思っているのかによって、虫歯や歯周病でもアプローチの仕方が変わってきます。
そのため、初診でお越しいただいた際には、カウンセリングを重視し、その方が抱えているお悩みを詳しくお伺いしています。そして、まずはその治療から行い、その後、歯を残すための予防計画を提案させていただきます。患者さまのご要望にできる限りお応えすることが、私のモットーの一つです。

開業から長い年月が経っていますが、昔と今で変わったところや変わらないところはありますでしょうか?

「歯の健康を保ち、いつまでもご自身の歯で食事を楽しんでいただくためのサポートをする」という想いを、開業当時より変わらず持ち続けています。食事は人生における大きな楽しみの一つです。そのためにも、痛みを抱えている方であれば、まずはその痛みを取り除く治療をし、不自由なく日常生活を送っていただけるようサポートします。
また、歯科医院は「できれば行きたくない場所」だと思います。しかし、ご自身の生まれ持った歯を長持ちさせるためには欠かせない存在です。少しでもリラックスしてお越しいただけるよう、笑顔で皆さまのお越しをお待ちしています。

先生が若い頃に歯科治療が変わったとのことですが、どんなところが変わったのでしょうか? 

私が大学を卒業した頃から、現在のように診療台を水平に倒して治療をするようになりました。それまでの診療は、「患者さまが椅子に座り、歯科医師が立って治療する」というものでした。患者さまには少し上を向いてもらって診療していましたが、横になって治療を受けていただけるようになったことで、患者さまの負担を軽減できるようになりました。
また、当時の歯科診療は、痛みなどの不具合を感じている方が朝から歯科医院に並び、順番に見ていくというのが主流でした。症状によって治療にかかる時間も異なるため、その後の予定はとても立てにくかったと思います。現在は予約診療がほとんどですので、ご自身の時間を有効的に活用できるようになったのではないでしょうか。

高齢者の治療にお詳しいとのことですが、何処で学ばれたのでしょうか?

大学を卒業した後、私は医局に残ったのですが、2年目に東京都養育院附属病院(現:東京都健康長寿医療センター)に派遣されたことがきっかけです。そこの歯科口腔外科で様々な病気をお持ちの方の健口(健康なお口)サポートをさせていただきました。
東京都養育院附属病院の目的は、ご年配の方の健康増進、健康長寿を目指すということです。そこに勤務していた時に得た知識や技術を活かしながら、清潔なお口の環境を維持するためのお手伝いを行っています。